小倉リトルシニアblog

福岡県北九州市小倉南区を中心に活動している 「小倉リトルシニア」の公式ブログです。

カテゴリ: その他のイベント

今年も小倉リトルシニアおよび当ブログを応援して頂き、
誠にありがとうございました。

来年も”球道一心”の心構えのもと、
日々の練習やその支援に
励んで参りたいと存じますので、
これからもどうかよろしくお願いいたします。

皆様、良いお年をお迎え下さい。
d507f23e-s








自転車で練習に来ることが義務である、
小倉リトルシニア団員にとって
重要な法律の改正が行われるそうです。

道路交通法の一部改正により
令和5年4月までに
全ての自転車利用者に
乗車用ヘルメットの着用が
努力義務化されるとのこと。


「努力義務化」という言葉が
ちょっと何言ってるか分からないですが、
かぶるように努めなければならない
という程度の意味だそうですね。
これはこれでヤヤコシイ日本語ですが

今のところは
不着用でも特に罰則は無いそうですが、
罰の有る無しに関係なく、
法律が改正された理由であるところの
自転車ユーザーの大切な命を守る
という趣旨を理解して、
今後のグラウンドの行き帰りには
きちんとヘルメットを
着用するべきでしょうね。
LINE_ALBUM_20221029秋練習_221221

なお、この情報は
原田審判長から頂きました。
いつもありがとうございます

審判長は、ヘルメットとともに
反射材の必要性についても
力説しておられました。

表題のネーミングライツとは
「公共施設の名前を付与する命名権と、
 付帯する諸権利のこと」をいいます。
具体的にいうと、スポーツ施設などの名前に
企業名や社名ブランドをつけることであり、
公共施設の命名権を企業が買うビジネスです。

(出典:自治体クリップ

福岡県北九州市在住の人間としては
福岡ドーム
 →福岡Yahoo!Japanドーム
  →福岡ヤフオク!ドーム
   →福岡PayPayドーム

あたりとか、
小倉北区の海沿いにある
ミクニワールドスタジアム北九州
他にも
黒崎ひびしんホール
あたりでお馴染みですよね。

このネーミングライツについて
このたび北九州の5施設への導入が決まった
というニュースが、先日報道されました。


そしてこの5施設中、
野球関連のものが1つありまして、
あの的場池球場
福岡トヨタ的場池スタジアム
という愛称で呼ばれることになったようです。

名前が変わるだけですが、
一気にグレードアップした感がありますね
元々の的場池球場という名称も好きですが。

これに伴い、
サポーター企業となる
福岡トヨタ自動車(株)からは
毎年100万円×3年間が
球場側に支払われるとのこと。
野球に携わる我々にとっては
とても有り難い話ですよね。

元々良い球場ですが、
これを機に、更なる施設の充実を
期待したいところです。

2021年11月 的場池球場(旧称)にて
4110b9d4-s
3750d77c-s

昨日(12月18日)
練習後の志井の森グラウンドにて
当小倉リトルシニア・本田樹己の
九州連盟選抜壮行会を開催しました。

父である本田コーチとともに。
S__39854094
九州選抜のユニフォームがカッコイイ

手嶋会長からはお祝い金が手渡されました。
S__39854090
S__39854088

良い目をしています。
S__39854085
良い結果が期待できそうですね!

本田は本年12月25日から29日まで
沖縄本島で開催される大会に
九州連盟選抜の一員として参加して参ります。

奮闘してくれることと思いますので、
皆様の熱いご声援を賜りますよう
よろしくお願い申し上げます。

毎年お盆の時期に
北九州市を中心に行われる
『北九州市長杯 兼
 西日本新聞社旗争奪
 リトルシニア九州連盟夏季大会』

(以下、社旗大会)の
大会パンフレットには、
小倉リトルシニアとその関係者が
多くの広告を出稿されています。

チームや選手への想いがこもった
良い広告が多く、
白黒印刷のパンフレット内だけで
掲示するのがもったいないので、
このブログでご紹介させて頂くことにしました。

今回はその第1回目で、
チームとしての広告になります。
LINE_ALBUM_2022年社旗広告_221213_21
みんなイイ顔してますね!
撮影したのは、
宮崎県宮崎市清武総合運動公園内、
Sokkenスタジアムの入口前です。
今年日本一となったオリックスバファロースの
春のキャンプ地でもあります。
素晴らしい球場ですよ!



なお、今後掲載する予定の
個人の広告については、
それぞれの出稿元に
あらかじめ掲載の許諾を頂いていますが、
もし不都合があれば御連絡下さい。

↑このページのトップヘ