小倉リトルシニア活動中の勉学
についてお話しする前に、
まず大津修郎監督の略歴を御紹介します。

名称未設定 1
八女高校・日本体育大学卒業
久留米高校・福岡高校・
北九州高専 野球部監督
2014年日本高等学校野球連盟・育成功労賞
現 北九州高専名誉教授 兼
福岡県立大学非常勤講師


上にお示ししましたように、
保健体育の教員として教育畑一筋を歩まれました。
久留米高校、福岡高校の野球部監督を歴任された後、
定年までの20年間を
北九州高専の体育教官と野球部監督として活躍され、
中学野球選手を引き受ける側の立場から
多くの中学野球チームと交流されていました。
実はこの教員時代に小倉リトルシニアとの関係は
ほとんど無かったそうですよ。
退官の時期に当時のシニア上層部が
三顧の礼をもってお迎えしたとのことでした。


以上のような御経験もあって、
小倉リトルシニア監督に就任されてから
10年が経過した現在でも
中学校での生活、特に勉学を重要視されており、
学校行事や定期試験は
チーム内での最優先項目とみなされています。

自分が希望する高校に進み、
素晴らしい仲間たちと共に野球を頑張ることで、
チームの部訓でもある
"野球を通じて人生の道を得る"ためには
野球の技術や体力と同じくらい、
中学校での成績や態度が大切になりますので。

では実際に、
小倉リトルシニアの団員に
勉強を頑張る余裕があるのかと言いますと、
以下にお示ししますように、
時間を確保することは十分に可能です。

[中学校生活とシニア活動以外の時間]
 月・木曜日の自主練習日
 火・水・金曜日の練習終了(19時)後
 土・日曜日の午前中と練習終了(17時)後


ご覧の通り、(理論的には毎日勉強できます!
実際にこれらの時間を利用して、
平日20時半頃から通塾している団員もいますよ。
また、定期試験前には"試験休み"を確保しています。

ただし、日本選手権予選の前のような
野球にとって極めて重要な時期については
自主練習日などにもボールを触るように
指導が入ることもありますので、
そこはどうかご了承ください。

中学校での成績状況についても
指導部が定期的に把握したうえで
進路希望に応じた指導を
適宜行うようにしていますので、
小倉リトルシニア入団を検討されている
御家庭におかれましては、
ご安心頂きますと幸いです。
c9db5333