筑陽学園が33季ぶり優勝 江口監督の“密着指導”が結実
秋季高校野球福岡県大会
(西スポ)


高校野球の秋季福岡大会は8日、福岡市の桧原運動公園野球場で決勝と3位決定戦が行われ、筑陽学園が春の九州大会優勝の九州国際大付を5-3で破って、33季ぶり2度目の優勝を果たした。エース西雄大(2年)が9回途中3失点で、最後は2番手の菅井一輝(同)が締めた。両校は秋季九州大会(20日開幕、リブワーク藤崎台球場など)に出場。組み合わせ抽選は11日に熊本市で行われる。3位決定戦は真颯館が小倉工に16-6で6回コールド勝ちした。

☆彡☆彡☆彡

 小倉リトルシニアとの縁が深い筑陽学園が、秋の県大会で優勝されました。
 センターのスターティングメンバーが小倉の卒団生だそうです。

 おめでとうございます!
 甲子園目指してさらに頑張って下さい。